定期預金が満期に

定期預金が満期になったことは知っていたが、手続きなどが面倒でそのままにしておいてしまっている人は意外と多いのではないでしょうか。定期預金が満期になると、自動継続か自動解約かによってその後の対応が変わってきます。この自動継続か自動解約かの選択は最初に預け入れをするときに選択しているので、満期になるのと同時に選択したほうの方法で定期預金が処理されるようになります。ですので、忘れないよう最初に預け入れをした時にきちんとメモなどをしておくと良いでしょう。

もし忘れてしまったという場合でも、通帳にどちらを選択したのかがわかるように書かれていますから、満期が近くなったが自動継続か自動解約のどちらにしたのかを忘れてしまったという人は、通帳を見て確認するようにすると良いでしょう。
自動継続と自動解約はそれぞれに特徴やメリットがあり、これから新しく定期預金に預け入れをしようと考えている人は、その違いをきちんと把握しておくと満期になった後の定期預金をどうするかなどの計画を立てる時、非常に重宝します。

当サイトでは定期預金が満期になった後で自動継続になるか自動解約になるか、それぞれの違いやメリットなどについていくつか紹介します。これから新しく預け入れをする人はもちろん、現在預けているお金がもうすぐ満期になる人が、自分が選んだほうにどのようなメリットがあるのかを知り、満期になった後でどのようにお金を使っていくかの計画を立てるための一助となれば幸いです。


<特選サイト>
定期預金は一度預けたら基本的に指定期間は動かせません。だからこそ、金利をよく調べて把握しておきましょう ⇒ ⇒ 定期預金金利